Industrial_Warehouse_Exterior

流通業の変革で激変する物流施設市場

目立つ新規供給 2010 年ごろ、大型物流施設開発プレーヤーは10 社程度であったが、現在では倍以上に増えている。また、2019 年の大型倉庫供給面積は約60 万坪、10 年前と比較すると3倍以上となる見込みである。 倉庫供給が増えたにもかかわらず、空室率は数パーセントと高い稼働率を維持している。ご存知の通り、日本人の人口が大きく増えているわけではないのに、なぜ倉庫の新規開発が増えているのだろうか。 理由としては、サプライチェーンにおける物流倉庫内で受け持つ役割が増えたこと、湾岸にあった倉庫が商業施設やマンションなど別の用途に建て替えられ、内陸に荷が移動する動きがあったこと、さらに昨今のe コマースの普及がそれを加速させていること、が挙げられる。 増える倉庫内での作業 昔、倉庫は物を格納することが目的であったが、現在では流通加工や生産工程の一部の役割を受け持つようになった。以下はかつて商品の流れの代表的な例である。 ⇒メーカーの工場で製造 ⇒メーカーの用意した倉庫、または物流 会社の寄託倉庫に在庫 ⇒問屋 ⇒商店(値札つけ・梱包・販売) メイン倉庫の荷が溢れてしまった際には、工場の近くにある小規模倉庫を追加賃借し、在庫波動に対応していた。 現在では、物流業者(3PL=サード・パーティー・ロジスティクス)が在庫・流通業務をメーカーより受託し、物流業者がメーカーに代わり物流施設を賃借、在庫管理から荷札付け、梱包、店舗への出荷、配送までのトータル物流サービスを行うことが増えた。 メーカーとしては、他社の物流も行っている物流専門会社から効率良い物流提案を受けられるうえ、倉庫の確保や荷量の波動を物流業者に任せられるなどメリットも多かった。 …

Send this to a friend